世界中に新型コロナウィルス感染症のパンデミックがあらわれ、感染拡大を防ぐために、感染の疑いのある人の安全かつ迅速な各施設への自動侵入防止措置が必要となります。
また、新型コロナウィルスが我々の社会活動の中で長期にわたって存続することが予想され、各企業、公共施設や学校などでは生産活動や運営の再開をしながら、社員、利用者、学生などに対し安全を担保する責任が生じます。
このような背景において、このAI顔認証/体温測定デバイスは人手をかける事なく、最新AI技術を用いて正確且つ迅速に自動顔認証・体温測定と記録ができ、施設への入場の可否を瞬時に判断し、セキュリティーゲートとも連動可能で感染の拡大を防止し、皆さまの安全を守ります。

デバイス外観

(NIR 近赤外線サーモグラフィーカメラ一体型 AI 顔認証/体温測定デバイス)

幅111ミリ、高さ219ミリ、奥行き21.5ミリ。支柱を含む高さ320ミリ

主な機能

  • 顔認証 測定範囲 0.5〜2.5m 認識正確率99.5%
  • 体温測定 測定範囲 0.5〜2.5m
  • 体温測定精度 ±0.3℃
  • 顔認証測定速度 約0.2秒
  • マスク着用有無の認識設定可能
  • 異常体温検知及び音声通知機能
  • 自動記録 最大3万人分の顔データ保存可能
  • 管理画面あり
  • 専用スタンドあり、電源があれば設置可能(一部機能)

主な仕様

品名 AI顔認証体温測定デバイス Smart Device 2000
CPU MX3520
OS Embedded Linux
RAM DDR3 512MB
ROM EMMC 8GB
モニター 7” IPS HD LCD (600*1024)
カメラ1 2MP 1/5” GC2145センサー NIR 800*600 15fps 2.4mmレンズ
カメラ2 1/2.8” SONY IMX307 CMOSセンサー カラー1920*1080 30fps 4.5mmレンズ
体温測定 測定距離範囲:0.5-1.3m 測定精度:±0.3°C
顔認証 マスク着用検知 顔認証距離範囲:0.5-2.3m 検知速度約0.2s
最大30,000人分の顔データを保存可能
アップロード方法 TCP, HTTP, MQTT
ネットワークプロトコル IPv4, TCP/IP, HTTP
セキュリティ パスワードによる認証登録
OSアップグレード リモートアップグレードをサポートする
インターフェース RJ45 10/100M LANコネクター リレー出力 RS485コネクター リセットキー
本体 アルミ合金ケース
防水機能 防水等級IP66
使用環境温度 10°C〜50°C
使用環境湿度 10%〜90% 結露しない
保管環境温度 -40°C〜70°C
保管環境湿度 5%〜95% 結露しない
電源/消費電力 DC12V / 約12W
本体寸法/重量 219mm(H)×111mm(W)×21.5mm(T)【突起部含まず】 / 約0.8kg

注意事項

※本製品は医療用体温測定機器ではありません。
※体温測定値はAIアルゴリズムにより体温近似値に換算するものです。
※ウィルス感染を判断するものではありません。
※環境によって測定値の誤差が生じる可能性があります。
※室温23〜25℃の無風の室内で帽子等を外しての測定を推奨します。

設置事例

設置例。入退館ゲート、テーブル、床置き

お問い合わせ

本製品に関するお問い合わせは下のリンクボタンの「お問い合わせフォーム」からお気軽にお送りください。

お問い合わせフォーム