JIS X 8341-3 ウェブアクセシビリティ準拠支援サービス

誰にとっても使いやすく、やさしいサービスで企業価値向上

2020年東京五輪・高齢化社会に向け、企業のユーザー配慮の対応が求められています。

アクセシビリティ、情報バリアフリーへの要望が高まっています

『総務省 みんなの公共サイト運用ガイドライン』により、既に省庁や自治体その他公的機関のWebサイトでは大部分の対応が進んでいます。それに引き続き2016年4月1日の『障害者差別解消法』施行により、一般企業でも対応が広がっています。

ウェブアクセシビリティは比較的取り組みやすく高い効果も期待できます。企業ブランディングや顧客満足度の向上につながる積極的な手段となりつつあります。CSR(企業の社会的責任)の面でも有効です。

みんなの公共サイト運用ガイドライン ウェブサイトキャプチャ
総務省 みんなの公共サイト運用ガイドライン

使いやすさの基準を示すウェブアクセシビリティ準拠をサポート

国際規格『 Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0(W3C勧告)』および日本工業規格『JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針』に基づいて、達成レベルAまたはAA準拠のサポートをいたします。

サイト検証、改修、試験実施、方針ページ・試験結果表示ページの制作まで一貫して対応いたします。
高い技術と知識によりワンストップでサービス提供する当社だからリーズナブルで迅速な対応が可能です。

下図は、ウェブアクセシビリティ方針および試験結果表示ページのイメージです。
また、掲載例として当サイトの「ウェブアクセシビリティ方針」もご参照ください。

試験結果表示ページのイメージ

料金について

対象サイトの状況、対象ページ数、適合レベル、改修方法によって作業費が変わります。詳しくはお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

経営革新シンボルマーク 経営革新シンボルマーク